キレイノヒカリ

安い!楽チン!エステ並み!はどれ?ワガママに答える美顔器の紹介サイト

ハンディタイプVS卓上型。LED美顔器の効果があるのはどっち?ユーザーの私が比較してみる

      2019/02/05

私は今、ハンディタイプのLED美顔器と卓上型のLED美顔器、2台とも持ってます。

LEDを使った美顔器を買おうかなぁ…と思っているとき、ネットを散策すると、

この2種類のタイプに加え、マスクタイプの美顔器が目につくかなと思います。

マスクタイプは持ってないのでよくわからないですが、ハンディタイプと卓上型

あくまでも私の使用感ベースですが、どっちがいい?というオハナシです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

LED美顔器を買うならハンディタイプ?卓上型?求めるもので変えていこう

私が持っているハンディタイプのLEDはこちら。

ジェイエステの『ハイパワーJ』という商品です。

≫≫ジェイエステの美顔器ハイパワーJの口コミ。LEDだけじゃない!翌日の肌質が見ものだった

私のLEDの始まりがジェイエステだったので、初LED美顔器もジェイエステの品です。

上記記事に詳しくレポしてありますが、

エレクトロポレーションという「スキンケア成分を浸透させやすくする」という機能も付加されてます。

卓上型のLED美顔器はこちら。

こちらは、アグレックスという会社が販売しているヴァリードという卓上型LED美顔器。

≫≫選んだのはアグレックスのヴァリード。安いのに近赤外線機能もある優れもの!

アグレックスは、エステ機器の販売メーカーで、ジェイエステの機械もアグレックスです。

何よりも、LED美顔器の中ではものすごく安くて、背中を押された感じです。

≫≫☆得割☆ご自宅で簡単に本格エステケア【ヴァリード】VALEED 美顔器 美容機器

 

さてこの2タイプ。

ハンディタイプのほうは、LED以外にも機能が搭載されているので一概には言えないですけど

「これから初めてLED美顔器」の方はどっちがいいの?に対する私の比較です。

 

値段は卓上タイプのLED美顔器が少し高めである

前述している『ハイパワーJ』値段は約28,000円です。

同じく『ヴァリード』値段は約15,000円です。

ここだけ見ると卓上タイプのヴァリードのほうが安いんですが、これはレアです。

ヴァリードが秀でて安いので、あまり参考にはならないかもです。

 

一般的には、LED電球の数が違う分、卓上タイプのほうが価格は高め

平均的には、ハンディタイプで3万円から5万円前後

卓上タイプでは4万円から10万円っていうところでしょうか。

 

ランニングコストを考えると少し違ってくる

美顔器を考える上で、ランニングコストってものすごく重要なんですよね。

(´・ω・`)「5000円の専用ジェルを月に一度購入しなきゃ」

定期コースになってたりすると、途中でやめられない「縛り」があることも。

代替できるのかもですが、買い続ける費用ってのもバカにならないですしね。

 

で、ハンディタイプの美顔器は、ジェルなどの専用品が必要な場合が多いです。

それは、LED以外の機能があるからってことかと思います。

ハンディタイプでもビジューのように、専用品がいらないものもありますが、

「いらないこと」が売り文句になるくらい、わりと珍しいんだと思います。

ハイパワーJにも、推奨品がありますし。

 

一方で卓上タイプのLED美顔器。

こちらに関しては、専用品は特にありません。

しいて言うなら、浴びている間に保湿するためのミストでしょうか。

≫≫LED美顔器は専用ジェルじゃないとダメ?ケアのときはどんな化粧品を使えばいいか

私は、どんな美顔器にも必須のジェルなんてない!と思ってる派ですが、

きちんとしようと思うと、メーカー推奨を使ったほうがいいんでしょうね、きっと。

 

「LEDの効果」という面では完全に卓上タイプの勝利

ハンディタイプの美顔器に関しては、もう数カ月使ってますが、

卓上タイプの方に関してはまだ1ヶ月ほどしか使ってません。

それで効果を語るべきじゃないのかもですが、あえて言うなら、

LEDの効果がガッツリと実感できるのは、間違いなく卓上タイプのLED美顔器です。

≫≫LED美顔器の効果が分からない?原因はその美顔器だから。これを選べば肌が変わる

それはもう、理由はただ一つ。

卓上タイプのほうが、各部位に光があたっている時間が長いからです。

LEDの効果を出そうと思うと、一定時間は浴び続けないといけません。

それは、各クリニックのLED照射時間を見ても分かる通り。

≫≫LEDを浴びるのにいくらかかる?場所別の金額一覧

平均的には、15分から20分くらいだと思います。

私が持っているLED美顔器は15分ですし、エステでは20分でした。

ハンディタイプのLEDのヘッド部分なんて、こんくらいの大きさしかありません。

これを動かしながら各部位に15分っていうのは、どう考えても不可能なんですよね。

すると、LED搭載の美顔器でも、メインはLED以外になりかねません。

もちろん、LED以外の機能での効果は出るでしょうけど、「LEDの効果」は弱い気がする。

もし「LEDありき」で選ぶのであれば、卓上タイプを選ぶのが無難です。

 

マスクタイプでも顔全体に浴びれる

マスクタイプってのはこういうやつですね。

顔の形になっていて、カポッとはめるようなやつ。

このタイプでも、顔全体にLEDの光を一度に浴びることができます。

私はこのタイプを持っていないので分からないんですが、肌にかなり光が近いですよね。

私が持っているヴァリードというLED美顔器は、「電球から15センチ以上離れて」という記載があります。

マスクタイプのように光に近い状態でも大丈夫ってことは、

光自体を弱めに設定してあるのか、なにか仕掛けがあるのか、そんな感じでしょうか。

 

美顔器としての使い勝手はやはりハンディタイプ

美顔器って、性能はもちろん大切ですけど、それ以上に「続けられるか?」が重要です。

宝の持ち腐れというか、自宅にあることだけで満足しちゃいけないんですよね。

使わないといけません。

で、美顔器として使い勝手がいいのは、やっぱりハンディタイプかなと思います。

なぜなら、美顔器を使いながら別のことができるから。

≫≫美顔器の選び方まとめ。自分に合った1台を見つけるための3つのポイント

 

ハンディタイプのLEDは「ながら美顔器」ができる

ずっと動かさなきゃいけないっていうデメリットはあるものの、

ハンディタイプのいいところは、美顔器を使いながら他のことができるってとこです。

美顔器を使いながら、テレビを見たり。

美顔器を使いながら、スマホを見たり。

15分動かし続けなきゃですが、暇つぶしの手段がいろいろあるのでそれほど苦じゃありません。

 

一方で卓上型のLED美顔器は、電球の数が多いだけにものすごく明るいです。

だから多くの機種で、サングラス着用が必要だし、なんなら目も閉じてって書いてあります。

このサングラスも、明るい光をかなり暗くするやつなので、視界は絶不調です。

サングラスをしていても、目を開けてるとなんとなく目が疲れる感じもしちゃいますし。

暇つぶしというと、音声くらいしかありません。音楽とか。

 

状況によっては卓上タイプも楽になる

イスに座って何をするでもなく、ただ15分ってのはかなりきつい。

でも状況を選べば、それほど辛くもないってときもあります。

例えば、夜寝る前。

私は布団に入ってすぐに眠くなるタイプじゃないので、目を閉じて考え事をしている時間に。

ウトウトしているお昼寝タイムに。

自分が動く必要はないので、動きたくない時間帯を選ぶとけっこう楽ちんです。

 

卓上タイプなら顔以外にも使える

LED美顔器は、顔だけじゃなく、胸やお腹や背中にも使うことができます。

≫≫光LEDが使えるのは顔だけじゃない!お腹や胸や背中にも!全身使える美顔器だ

体に使う場合は物理的に「目では見えない」ってことが多いので、

ダラケながらテレビを見ていても大丈夫。

例えば、背中ニキビや、胸のハリ。嫌だなーと思ったら使える。

 

卓上型とハンディタイプ、どちらがいいかは好み次第!優先事項を知ろう

「どっちがおすすめ?!」と言ったところで、結局は好み次第っていう、

なんともあやふやな着地地点です。

・ガチLEDの効果を求めるなら卓上型

・使い勝手を求めるならハンディタイプ

でもつまるところは、「LEDの効果をどれほど求めているか」ってとこだと思います。

使いやすさは結局、自分次第でどうにでも変えていける気もしますし、

そもそもの求めるものによって、選んでいけばいいんじゃないかと思うんですよね。

 

LEDの効果って言っても、普通はなかなか美顔器購入前には分からないと思います。

最近はエステの体験メニューの中でLEDを取り入れているところが多いので、

実際に「LEDは自分の肌にどれだけ効果があるか?」知ってからでもいいかなと。

もし効果があると思うのであれば、卓上型を選ぶべきだし

そこまで効果が実感できなければ、LEDメインのものじゃなくてもいいでしょうしね。

ぜひ購入前の「お試し」にエステの体験メニューを上手に使ってみてください。

≫≫LED光美顔器を試したい!ファインライトのお試しはエステサロンの体験がおすすめ

 

 - LED光ファインライト, 美顔器比較